野村監督のPR戦略?


プロ野球が大好きな私は、毎晩、各局のプロ野球ニュースやスポーツニュースを”はしご”するのが楽しみの一つ。

いつもなら応援しているチームの試合結果が一番に気になるところですが、今シーズンだけは、チームの試合結果よりも、東北楽天・野村監督の試合後の記者による囲み取材時の「ボヤキ」が何よりも楽しみでした。

今シーズンの楽天は、まるでジェットコースターに乗っているかのように、連勝して単独1位になったかと思えば、あっという間に連敗して定位置の最下位へ転落したりを繰り返し、その都度、野村監督の「ボヤキ」も、含蓄のある一言だったり、ユーモアのある言葉だったり、俳句だったり、そして本音がぽろりとこぼれることもあり、本当に毎晩笑わせていただきました。

数ある野村監督の”ボヤキ”の中に「これは名言!」と思うものがありました。シーズンも終盤、楽天が5位と6位を行き来している頃、「組織は、リーダーの力量以上には伸びないもんだな」との一言が、とても強く心に残りました。自戒を込めた一言だったのでしょうが、的を得ているなぁと実感した夜でした。

今シーズン、野村監督のボヤキを毎晩楽しみにしていたプロ野球ファンは、きっと多かったはず。成績が芳しくないチームでも、「東北楽天の~」に大勢の目を向かせる、野村監督の戦略だったのかも‥。だとすると野村監督はすごい!

(千)

Posted on
Page Top