Google「ストリートビュー」


 Googleのマップ機能といえば、ルート検索(乗換案内)には助けられ、航空写真では楽しませてもらうなど、いつもお世話になっています。しかし、このほど公開された「ストリートビュー」機能は、もはや感動を通り越して困惑するほど、「地図」という概念を超えた「何か」を感じさせてくれます。地図業界の神域、と言っても過言でないくらい。住所を入力するだけで、自宅や会社はもちろん、狙いをつけてるあの子の家まで、「目の前の実際の画像」を見ることができるようになっていて、あたかもそこに訪れたかのような体験ができる。この「記憶の置換」体験はある種、異様です。

 360度、本当に回転するので、ぐるぐる回しているともう「画像」というのも適切でない気がしてきます。車の上に360度撮影できるカメラを搭載して走り回ったのでしょうか。いや、地面も、地面に映る木の影(つまり車の下)まで写りこんでいるので、カメラを積んだ透明な球体が街中を走り回っていたとしか・・・。撮影した人はかなりの暇人かと(ただ、実際に見られるのは地図上で青くなっているところだけで、まだ東京、大阪、札幌などの都心部のみのようです。08年8月7日時点)。

 プライバシー尊重の時代に早くも物議を醸していますが、将来的には世界中のストリートがビューできるようになって、もう旅行とか行くのがバカバカしくなりそうです。ちなみに、自分が写っていたりなど「不適切な画像」がある場合はGoogleに報告し、検討の結果によってはボカシ処理をしてもらえるようです(検討してからなんだ・・・)。ちなみに、トークスの所在地を入力して目の前の道路まできてみると、知らないおじさんが写っているのですが、すでに顔にボカシが入ってました・・・。なんだかゴメンなさい。(TU)

Page Top