「アチャー!!」とならないために広報担当者がすべきこと


記事の内容は記者が考えるニュースの価値判断によって決まりますが、時々”意図しない記事”が掲載されて広報担当者が難しい立場に立たされることがあります。経営トップの一問一答のように掲載されるコーナーが決まっている場合や、企業側から明確な意図をもって取材を設定する場合は、行き違いが生まれることは少ないはずです。しかし、記者が明確な取材テーマを持っていない(あるいは事前に担当者が記者に聞いていない)ような場合や、(その記者による)初めてのインタビューといったケースでは、特に注意が必要です。

「言った、言わない」といったトラブルの抑止などのために、どのような取材でも、原則として広報担当者が同席すべきです。自身も広報担当者として何度となく取材に同席したことがありますが、話の雲行きが怪しいと感じたままインタビューが終了し、その数日後に出た記事に「アチャー!」と思わず叫んでしまったこともありました。最近、相談を受けたケースでも、取材後の記者とのやり取りで「先ほど話した件は具体的にはこれからで、何も決まっていませんよ」と丁寧に説明したにも関わらず、半ば”確信犯的”に大きな見出しで断定的に書かれてしまったといいます。

そこで感じたのは、広報担当者は「インタビューに”水を差す”ことを恐れるな」ということです。たとえ慣れている広報担当者でも、取材応対者である社長や役員と記者とのやり取りにブレーキをかけるようなことはしたくないものです。気が引けることですし、勇気のいることでもあります。しかし、広報担当者は応対者と記者のパイプ役であることを忘れてはいけません。”意図しない記事”が出た場合の影響と応対者や記者の機嫌を(ちょっとだけ)害すことを比較すれば、答えはおのずと明らかだと思います。もし、”意図しない記事”になってしまった場合、結果として、忙しい時間を割いて対応していただいた応対者ばかりか各方面に迷惑や影響が出ることもあるかもしれません。(身をもって体験したケースでは、記事によって株価も変動しました。)

発言の一言一句漏らさぬようにメモを走らせることも広報担当者にとって大事なことかもしれませんが、それ以上に心を配るべきは、「ちょっと怪しい(=○○のテーマで記事になりそうな)方向に話が向かっている」と感じた場合は必ずその場で、発言の確認や記者への牽制を行うことです。取材「後」ではなく、あくまで取材「中」です。取材が終わった後では、記者は(たとえその受け止め方が間違っていたとしても)「応対者がそのように言っていた」ということを記事の論拠にするからです。

では「怪しいな」と思うほどではなかった取材ではどうすればよいでしょうか。書こうとしている記事の内容を根掘り葉掘り聞くようでは広報担当者の資質が疑われてしまいますが、誤解や意味の取り違えをなくすために「数字やニュアンスを念のため再度お伝えする」という姿勢でそれとなく探れば、結果として”意図しない記事”の防止や出てしまった時の備えにつながると思います。  (T)

Page Top