ライブ配信で進化する、新しい”記者会見”のカタチ


昨年春に桜にまつわるエピソードを書かせていただきましたが、気が付けばあっという間に1年が経ち、また桜の季節がやってきました。

3月25日には東京都の標本木に花が咲き、気象庁から開花宣言が発表されました。実はこの桜の標本木、弊社近くの靖国神社にありますので、満開の頃に見に行きたいと思っています♪

ちなみに、写真は先日お出掛けした植物園でみた梅の花です。今年は3月上旬まで寒かったせいか、東京でも場所によっては遅咲きの梅と早咲きの桜が同時に見られるレアな場所もあるそうなのでぜひ探してみてください。

さて、話はがらっと変わりますが、最近、記者発表会やイベントのライブ配信というものがとても気になっています。

先日、あるアーティストが夏のイベントに関するプレスカンファレンスを行い、その模様をニコニコ動画、Ustream、YouTubeでライブ配信していました。以前であれば、ファンは会見の内容を知るには、どこかのメディアが報道するのを(そわそわと)待つことしか出来ませんでしたが、いまやメディアと同時に情報を入手できる時代になりました。さらに会見をみているファンがTwitterなどのSNSに投稿することによって、瞬く間に情報が拡散していく様子を目の当たりにして、改めてインターネットメディアがもたらした「新しい記者会見のカタチ」というものを実感しました。

IT業界でも新製品発表会などをライブ配信することが増えています。ユーザーがプレゼンを視聴しながら、社長の服装から製品の性能まで次々とコメントをつけていく様子を見ていると、ダイレクトにエンドユーザーの反応がわかって興味深い反面、不特定多数の方へ情報を発信する難しさを感じます。また、質疑応答まで配信することになるので、これまで以上に準備が必要になりますし、終わるまで一挙手一投足にツッコミが入りうる怖さもあります。

広報としてはその会見が誰に向けたもので、どんな情報を伝えたいのか、そしてその先どのような形で情報拡散を狙うのか、ということをきちんと検討した上で、ライブ配信をすることの重要性を改めて考えさせられました。

余談ですが、私がはじめてライブ配信を体験したのは2001年のことで、コンサートの一部を生中継するというものでした。結局当時の一般家庭のパソコンと通信回線には負担が大きく、ぶつぶつと落ちてしまいほとんど見ることは出来ませんでしたが、遠く九州で行われているコンサートがリアルタイムで見られることへワクワクしたのと同時に、どうしてこんなことが出来るのだろうとちょっと不思議な気持ちになったことをよく覚えています。

あれから13年、映画の世界でしか存在しなかったようなウェアラブル・デバイスも次々と発表されています。これからも日々進歩する技術を追いかけ、常にワクワクするような、新しい情報発信のカタチを探していきたいと思っています!

Page Top