ちょっと良いお店に行って参りました


風がだんだんと春の暖かさを帯びるようになってきまして、桜の木々のつぼみも徐々にうすピンク色に変わりつつあります。昼間は太陽の光が穏やかさを灯すようになってきました。寒い冬が終わりを迎え、春へ季節が変わろうとしていますね。
そんな穏やかな天気の中、トークスのある市ヶ谷のお隣・飯田橋駅からほど近い「カナルカフェ」というお店に行ってみました。

http://www.canalcafe.jp/restaurant/

知り合いの美容師さんから「お花見をするならお勧め」と聞いて以来、気になっていたお店です。まだお花見の季節には早いですが、初訪問。さすがに人気店だけあって少し待つ必要がありましたが、テラス席や、店内から臨む御濠の眺めがとても風情があって、素敵なお店でした。近くにお店の運営するボート場もあり、30分600円でボートを漕ぐこともできます。空いていれば、ランチタイムにトークスのオフィスからボートに乗りに行くこともできちゃいますね。
「都会の中心に居ながらにしてリゾート気分でお食事が味わえる」と謳っているこのお店、お料理もおいしく、訪問の価値ありです。ランチセットは都内の平均より若干お高めの値段設定ですが、新鮮なサラダバー、ドリンクバー、パンがついてきますので、かなりお得に感じました。今回はパスタとビスマルクピザを頂きましたが、ピザはもちもち、ふわふわの食感がおいしく、パスタはソースとパスタがほどよくからまっており、上品な風味でした。広々としたテラス席は心地よい陽が射し、午後の穏やかな時間を演出してくれます。野外デッキもあり、こちらではBBQもできるとのことです。

pastasalad
pizzamango

外食産業は、景気の影響を受け、市場の規模が縮小していると言われています。
そうかもしれませんが、味はもちろん、サービス、お客さんへ提供する体験、見晴らしや内装、居心地・雰囲気といったお店の“場”“空間”自体への満足度など、その店ならではの複合的な魅力を提供できるところには、お客さんは集まってくるものだと思います。

業界は違いますが、PR代理店もサービス業です。私たちも、PR・広報の代行といった仕事においての複合的な魅力(例えばきめ細かな情報提供やリサーチ等)を追求し、お客様に満足してもらいたい――。ちょっと良いお店に行ってみて、そんなことを思ったりしました。

Page Top