PR視点からのTwitter&LINE比較


つい先日年が明けたと思ったら、もう1月も終わりです。昔から1月は行く、2月は逃げる、3月は去るなんて言いますが、時が経つのは本当に早いですね…。というのも、私昨年の11月にTOCSに仲間入りいたしまして、初めてのPR業界に右往左往しているうちにあっという間に2ヶ月が過ぎてしまいました。

さて、いざブログを書こうとするといったい何を書いていいのやら…と少し悩んでいたところ、先日先輩とお話したことが興味深かったのでそのことを。

スマホのオススメアプリの話から、ふと「最近企業がLINEアカウント開設って多いけど、Twitterとどう違うんだろう」という話になりました。その時はあまり深くは考えなかったのですが、近年PR活動の中でもオウンドメディアやSNSが注目されているようなので、自分なりにもう少し考えてみました。

まず両者の違いを比べてみるとwebサービスかアプリか、文字数制限、オープンかクローズドか、(企業アカウントに限れば)有料か無料か、スタンプの有無…等々たくさんあります。

Twitterはタイムライン形式なので、意図せずとも他のツイートとともに自然に目に入る可能性が高いというメリットがあります。かたやLINEはルーム形式なので、一手間かけてルームを開いてもらえれば、その他の情報に埋もれることはありませんし、自分宛にメッセージが届いたような気がして、少し親密(?)な感じがするのがいいですね。

またTwitterはWebサービスなのでPCから閲覧も出来ますし、HPに組み込むことで、Twitterを利用していない人にもツイートを見せることも出来ることもメリットです。

そして個人的にはLINEのステッカーはとてもおもしろいPRアイテムだと思います。
まず第一に「フレンド登録でステッカー無料プレゼント!」ということで、会社やサービスにあまり興味がない人でもステッカー欲しさにフレンド登録してもらえる可能性が高まること。これでアプローチの導線が確保できます。第二にステッカーに訴求したいサービスや商品を入れることで、あとはユーザー同士で使えば使ってもらうほど自然にそのサービスや商品が広まっていくことになります。
Twitterのリツイートによる拡散もそうですが、企業やメディアから消費者へ、という流れだけでなく、消費者の発信によるPR効果ということにも着目していきたいな、と思っています。

こんな風に色々なことをPR目線で考えると新しい発見があったりして、日々勉強の毎日です。これからも一人前の広報を目指して精進して参ります!

(AY)

Page Top