PR活動メニュー

より広く、より多くの方に知ってもらうには、優れた商品を作り上げるだけでは、その広まりは掛け算で広がりません。マスコミ、インターネットを通じて、戦略的且つ効果的に広める努力があってこそ、伝えたい内容を、伝えたい方に、伝えたい時期にお届けすることができます。

コミュニケーションを円滑に進めるには、以下の様なツールによってPR素材を可視化し、それぞれの効果や反応を見て、社会との接点を常にファインチューニングし続けていきます。

その上で、より効果的なイベント、リサーチ、キャンペーン等を仕掛けていき、社会への広いメッセージとともに、コアファンの琴線に触れるキーメッセージを策定し、それを丁寧にかつ確実に伝えていく活動が、当該企業や商品へのロイヤリティを高めていく近道になります。

トークスは、コミュニケーション設計図のデザインから、具体的はメッセージの構築及び伝達手法のセレクションと実行を、日本語、英語を問わずワンストップでご提供する、トータルコミュニケーションエージェンシーです。

ニュースリリース

記者の手元には多くの企業から多様なニュースリリースが届きます。そのなかでも光るニュースリリースを弊社では作成します。記者が手を止める見出しを作成し、限られたスペースに必要な情報を集約し、記事化しやすい情報の並べ方を徹底いたします。

ニュースレター

ニュースリリースで公にするほど重要ではないが、記者の頭の片隅にいれておいてもらいたい情報を提供するのに利用します。メディアリレーションの維持などに有効です。

記者会見

新製品や、新サービスの発表で、大きくメディアで取り上げてもらいたいときに行います。新製品や新サービスの特徴やメリットが分かりやすい会見となるように、発表内容の精査や、登壇者、モデルの選定を行います。また、日時、会場の選定、当日の運営、イベント後のフォローアップも行います。

記者懇談会

メディアリレーションの強化のために行います。御社とメディアとのフリートークの場となりますが、弊社で御社がメディアに伝えるべき情報のとりまとめなどを事前に行い、スムーズな情報交換の場といたします。

プレスセミナー

メディア向けの勉強会となります。御社の業種・業態で抱える問題点や市場動向などをメディアに伝えます。一般紙などで業界ごとの展望記事が掲載される際の露出を狙います。また、追加取材のきっかけをメディアに提供することも狙います。ヘルスケアやセキュリティなどのテクノロジー分野で主に利用します。

プレスツアー

メディア向けに拠点などの見学ツアーを組みます。海外拠点の見学に利用することが多く、日本の知名度が低いグローバル企業にとっては、ブランド力の向上に寄与します。自社拠点だけでなく、カスタマー取材を同時に行うことも多いです。

メディアプロモート

PR内容や素材が適合できると思われるメディアをまず選定します。次にその趣旨を個別に説明する機会をつくり、より詳しい内容や関連する事象を独自調査取材したものを追加提供します。その結果、マスコミが主体的に取材及び掲載検討するなかで、当該企業や商品を記事内で露出掲載する活動です。

テレビパブリシティ

上記メディアプロモートを紙媒体以外のTV、ラジオ等電波媒体で実施します。CMではなく、テレビの番組内での露出を図ります。

メディアタイアップ

雑誌などで数ページにわたる広告記事を掲載します。記事形式が中心で、トップのインタビュー記事などを中心に組み立て、御社のビジネスモデルの紹介を行います。/p>

メディアキャラバン

ポテンシャルのある製品の際に使います。知名度が低かったり、今までとは異なる業界への情報を提供したりするために、ターゲットメディアに1社1社訪問し、製品の説明を行います。実際にメディアに使ってもらうため、製品の貸し出しなども同時に行います。

エバンジェリストエンゲージメント

ブロガーやユーチューバーなど新しいメディアへのアプローチ方法になります。ソーシャル拡散を狙い、従来のメディア経由とは異なる層に御社のサービスや製品の情報を提供いたします。

【事例紹介】

報道記事分析

広報部門の活動成果を端的に示すものが、メディアによる報道です。主要な新聞、雑誌、ウェブにおける掲載状況を定量的・定性的に把握することは、広報活動においてとても重要なことです。

自社はもとよりベンチマーク企業に関する記事を内容に応じて、経営、事業、社会などに分類し、件数調査を行うほか、記事内容(扱い、トーン等)についても分析の上、月次報告書を作成します。記事掲載スペースを計測し、広告料金換算値を示すこともあります。

この他、個別にテーマやキーワードを設定し、報道状況を時系列で調べたり、主要紙の論調の違いを比較分析することもあります。

【事例紹介】

効果的なツールの制作 (広報ハンドブック)

広報部門の活動領域が拡大する中、社内における広報活動に対する正しい理解が不十分である場合が少なくありません。「広報ハンドブック」は報道機関の仕組みや特徴、記者会見やインタビューといったメディア対応の心構え、リスク発生時の広報対応などをわかりやすく解説し、広報活動に対する一般社員の理解促進を図り、その重要性についての認識を新たにしてもらうことを目的として制作されるものです。

制作にあたっては広報部および上層部へのヒアリングを行い、社員に理解や協力を促したい点、強調したいポイントなどを踏まえたうえで、コンテンツとページ構成を検討し、それにふさわしいデザインを採用していきます。

社員に広報に対する関心を持ってもらい、手軽に手に取ってもらえるようにするために、イラストや写真を多用して、親しみやすくわかりやすく制作します。

【事例紹介】

広報業務のコンサルティング

広報活動は企業や団体にとって重要な戦略機能です。例えば、組織改革に伴い広報部門をどのように組織したらよいか、その体制、ネーミングなど豊富な経験と実績に裏打ちされた個別の広報課題に対して適切なアドバイスを行います。

【事例紹介】

プレスリリースの作成と配布

積極的な情報発信は信頼感の醸成や認知度の向上には必要不可欠です。

その中でもプレスリリースによる情報発信は基本業務と言えます。当社では海外のクライアントの翻訳を伴うリリースもあって、素材の発掘又は加工、掲載確率の高いリリースの作成のコツ、ウェブを含む効果的な配布先を提案します。

【事例紹介】

記者発表会(記者会見)の運営

一斉発表の方法として、単にニュースリリースを配布するだけでなく、記者発表会を行うことで発表者がその姿勢を示し、伝えたいメッセージを直接訴えかけるケースがあります。当社では記者会見の基本設計についてクライアントと綿密な打ち合わせの上、記者の取材誘導、運営、PR資材の制作、マニュアル等の作成、そして実施からアフターフォローまでトータルでサポートします。

Page Top