トークスの考え方

PRは、人と人、人と企業、企業と社会をつなぐ重要なコミュニケーション手段です。 上手なPRは、それらの間の相互理解を促進して、より良い社内環境、より良い市場環境、より良い社会環境をつくり出します。トークスはPRのプロフェッショナルの立場から、お客様の課題・テーマに対し、PRを通じた最適のソリューションをご提供します。

戦略的なPR

企業においてPRは経営戦略や事業戦略を推進しあるいは課題を解決していく上で、最も重要な活動のひとつです。重要な意思決定や事業展開から、新しい商品やサービスの発売・紹介にいたるまで、発信するメッセージは数限りがありません。インターネットのさらなる進化やソーシャルネットワークを通じたコミュニケーションなど、情報の送り手と受け手の関係が目まぐるしく変化する中では、どのようにメッセージを発信し、伝えていくかを常に考え、変化を先取りしていくことが重要です。時代を見つめ、社会を見つめ、ひとつひとつのメッセージを大切にして、正確に伝えていくためのプランニングとプロデュース、これがトークスの考える戦略的なPRです。

トータルコミュニケーション

PRは、広告、プロモーション、WEBなどとともに統合されたトータルコミュニケーションの主要な活動のひとつです。人が商品やサービスを購入する動機や意思決定の背景には、複数の、そして時にはそれらが複雑に連関した情報が存在します。企業に対する好感・共感、事業に対する認識・理解、商品・サービスに対する購入意欲など、社会や人々の意識や行動に対して働き掛けるコミュニケーションの組み合わせを、トータルでプロデュースすることがトークスの仕事への考え方です。

仮説、調査からソリューションへ

最良のPR活動を行い、成果を生み出すためには、現状に対する客観的な理解と評価が必要です。PRテーマに沿って仮説を立て、時には調査を行って問題点を明確にし、解決への道筋を明らかにしていきます。メッセージづくりを行い、コミュニケーションの組み合わせを設計して情報発信と良質な報道を獲得する活動を行いながら、状況の変化を感知して時には活動の修正も行い、確かな成果と確実なソリューションをお届けすることがトークスのミッションと考えています。

philosophy
Page Top