広報活動に際して、取材に対してコメントすることを役割として定められている責任者もしくは担当者のこと。スポークスパーソンは、予めメディアトレーニングを受けて取材に対する心構えとトーン・アンド・マナー(立居振る舞い)を習得することによって、平時、有事を含めて、冷静・正確に企業の情報を伝えることができる。