CASE STUDIES

【事例紹介】医療用医薬品のリスクマネジメント

医療用医薬品について、その効用や安全性の認知が十分でないことがあります。例えば、ある薬剤について一部に副作用を危険視する機運があり、情報発信と対応を誤ると、憶測も含め、危険な薬であると報道されかねない医薬品は、リスクを想定し把握したうえで情報発信する必要があります。

このようなケースでは、メディアトレーニングでメディア向けの説明(講演)とQ&Aの検討、それらを踏まえた報道のシミュレーションを行い、メディア及び様々な団体、関係者などからの問合せに対して、企業として取るべき対応や回答を準備します。

一方で、疾患と薬剤、及びその安全性保持計画について理解・認識を高めるべく、少人数でのメディア勉強会を実施。質疑や意見交換を通じて理解を深めるという施策も考えられます。

こうした活動を通じて、憶測などによる報道や誤解を受けるような報道を回避することをねらいます。

Page Top