CASE STUDIES

【事例紹介】メディアトレーニング

メディアトレーニングの目的は経営幹部であるスポークスパーソンに「広報の重要性」に関する理解を改めて得ることにあります。インタビューや記者会を想定したトレーニングによって伝えるべきメッセージを明確にするとともに、メディアへの対応力を高めることを目指します。

広報業務の経験が豊富なコンサルタントが講師を務め、ニーズに応じて最適なプログラム(半日~1日)を設計します。特にニーズが高いのはリスク発生時のメディアトレーニングです。工場などで実際に起こりうる事故を想定したシナリオに基づき、ポジションペーパー、想定問答の作成演習、模擬記者会見などを行います。会見ではビデオ撮影を行い、記者役からの厳しい質問への対処の仕方や立ち振る舞いなどを学んでいただきます。

英語によるトレーニングにも対応しています。

Page Top