CASE STUDIES

【事例紹介】本社との連携による広報活動

日本で長くビジネスを行っている企業が必ずしも充実した広報体制を持っているとは限りません。本社がグローバルに展開したい広報活動を、ローカルではエージェンシーが代行するケースも多くみられます。そのような例として、当社では米国に本社を置く半導体企業を長くサポートしてきました。

具体的に実施した活動は、プレスリリースの作成・配信、新製品記者説明会の企画・運営、ニュースレターの制作、展示会や自社セミナーの出展支援およびメディア集客、寄稿記事のプロモートなどで、これらを本社と直接連絡を取り合って、その意向を咀嚼、理解し、日本法人の担当者とともにコミュニケーションを組み立てていったものです。

日本における認知度とプレゼンスを上げ、戦略製品について競合企業との差別化を図りながら独自の市場を開拓するという外資系企業の戦略そのものを、PRの観点からサポートしました。

PR領域の活動にとどまらず、広告や販促活動についても企画・実施を任されてきた結果として、カスタマー企業からの問い合わせ、引き合いの増大に結びつけました。

Page Top