CASE STUDIES

【事例紹介】メディアを対象とした疾患啓発

潜在的な患者数は多いにもかかわらず、発信されている情報が十分ではないために疾患に対する認知が低く、そのために早期発見や早期治療の機会を逃している患者さんは少なくありません。そのような疾患に関する情報発信を促進し、結果として患者さんに気づきの機会を提供し、医療機関、医薬品に結び付けるお手伝いをしています

当社では問題の所在、課題と解決への道筋を明らかにしながら、メディアを通じて、医療関係者、患者とその家族、広く一般生活者へどのようにして情報を発信していくべきかを慎重に検討し、企画して活動に移していきます。

一例として以下の活動を集中して行ったケースがあります。

  • 調査に基づく疾患認知の現状把握
  • 当社内に広報事務局を設置し、問い合わせ対応と情報発信を一元化
  • 専門医、患者代表によるメディア向けセミナー

現状把握に基づいた情報発信と、その機会およびコンテンツ創出を継続的に実施することで、メディアの疾患に対する認知・理解が高まり、一般紙をはじめ雑誌、業界紙など幅広い報道につながりました。

Page Top