CASE STUDIES

【事例紹介】一般消費者向け3Dプリンタの国内販売に関するPR

3Dプリンタというと、非常に高価なもので、精巧なものを作成するために研究所で利用されるというイメージがありました。そのような中、ある海外メーカーが一般消費者向けに安価な3Dプリンタの国内発売にチャレンジしようとしていました。

予算の都合で、タレントなどは使わずにメディアに製品そのものの魅力をアピールする新製品発表会を開催しました。より新製品のメッセージ性を強めるために、3Dプリンタ市場が期待されながらも伸び悩む理由(高価格と使用方法の難しさ)を明確にし、その壁を突き破ることができる新製品として発表をすることに注力しました。特に、一般消費者向けということで、開けてすぐに使える使いやすさを強調しました。

記者発表会での露出を得られた後は、メディアへの貸し出しを実施し、実際の使いやすさを実感してもらい、レビュー記事へと落とし込むことで、製品のメディア露出を継続させることができました。

Page Top