CASE STUDIES

【事例紹介】人工炭酸泉製造装置のPR

「炭酸泉」の健康価値については多くの研究が進められていますが、一般消費者の間での認知や価値の認識は低く、導入施設を拡大するためにはメディアを通じた情報発信や体験を広める必要があり、その促進を図ったケースです。

まず、炭酸泉に関する情報ポータルとして「情報事務局」を開設し、炭酸泉温浴のベネフィットと施設を紹介。一般消費者からの様々なお問い合わせに積極的に対応するとともに、メディアに対しては経験豊富なドクターやモデル施設を紹介し、認知拡大を図りました。

合わせて、プレスセミナーなどでの医療、スポーツ、健康、美容各分野のインフルエンサーによる実例紹介、それと同時のニュースリリースやニュースレターの制作・配信、女性誌、ライフスタイル誌、情報誌などへの個別プロモートを実施しました。

多様で信頼性の高いエビデンスを背景にPRを行った結果、様々な切り口で女性誌、健康情報誌、スポーツ紙、TV等で多数採り上げられ、それによって人工炭酸泉製造装置購入に関する問い合わせが増加し、導入施設が前年の2倍に増加するとともに、「炭酸泉」が温泉の一ジャンルとして確立し、広く認知されることとなりました。

Page Top