作者別: ushio

父親の育児手伝いは増える傾向に

どんなランキングでも、米国が普通トップ・クラスに入り、カナダや日本は同国に続くというパターンはおなじみである。ところが例外もある。エコノミスト誌5月16日号に掲載したチャート「政府が子供1人当たりの母親・父親の育児休暇に […]

雪はスキー愛好者のためばかりではない

雪は多くの人にとって多くの意味を持つ。子供は魔法の粉を使って雪だるまに生命を吹き込む。札幌などの雪祭りでは雪の芸術家が、うっとりするような展示物を仕上げる。川端康成の有名な「雪国」では新潟の芸者、駒子に関わる象徴でもある […]

意外に評価の高い、ちらし広告

小売業などの会社が外国で商売をやる場合、その土地の消費者・消費者の一般的な行動・買い物を決める際に参考にする広告の種類などに会社は精通していなければならない。当たり前のようなことだが、言うは易くして行い難しだ。 「フラン […]

アメリカの投資勧誘に応じるカナダ、日本

米国への海外直接投資(FDI)を促すセレクトUSAキャンペーンの創始者、バラク・オバマ大統領は2015年の投資サミットでも先頭に立った。キャロライン・ケネディ駐日大使は約90人の日本人経営者とともに首都への旅に参加した。 […]

おお、カナダの会社、IMAXが見せる巨大映画画面

「IMAX社のリチャード・ジェルフォンド最高経営責任者が中国に出張すると、ファンが彼の署名を求める。中国の人々にとって、高さ20メートルもあるスクリーンで映画を見るのは、まだ珍しい経験だからである。」こう伝えたのはエコノ […]

カナダ、米国オレゴン州、日本、安楽死に関して異なる扱い

「耐え難い、終わりのない苦痛に苦しむカナダの成人は、医師の助けを得て死ぬ権利を有する」と同国の最高裁が2月6日に裁決した、と同日のグローブ・アンド・メール紙(GM)が伝えている。 日本では、このニュースはほぼ無視された。 […]

文系出身者でも読める科学データばかりの年鑑

高校での理科系授業に退屈な思いをしましたか? たとえ、そんな経験があっても、多種多様なデータを収めた小さな一書に、おもしろいと感じるような情報が含まれているかもしれません。その書名は「理科年表」。編集は国立天文台で、20 […]

カナダでの仕事を希望?会社を見つけてからビザ申請へ

経済先進国のなかで、おそらく日本は移民が社会・経済的に重要な要素になっていない唯一の国であろう。 エコノミスト誌(2015年1月10日号)によると、カナダ政府は移民の「年間」受入数を最近、26万 5,000人から28万5 […]

Page Top